ダメ、と簡単に決め付けない

感情的にならずとも、思わず口走ってしまう言葉というのは多々あります。今回はその中でも「ダメ」というフレーズについてご紹介いたします。

ダメという言葉は実際に口から発する以外にも、頭の中でよぎることが少なくないでしょう。一度思ってしまうと、その固定概念から勝手に決め付けてしまう事も増えてしまいます。それにより生徒との向き合い方にも変化が出ることも。塾講師として行うのは、本当に得意な科目を見出すことです。教師とは違い、生徒と過ごす時間は非常に濃密なもの。その子が得意不得意とする科目について、どのように対応すべきかが講師の義務といえます。生徒によって苦手な科目があるのは仕方がないこと。ダメだと決め付けるのは本人や学校の教師が行うことです。

何故うまく勉強が出来ないのか、という部分に着目し、その対応方法を生徒と向き合いながら解決するようにしましょう。生徒はわざわざ、学校とは違う場所で勉強を行う、その意味をよく熟知すると、その答えも見つかりやすいといえます。いかがでしょうか。どんな場面であっても「ダメ」だと決め付けるのはあまりよいとはいえません。最後まで諦めない、そんな考えを持ちながら塾講師として働いてみてはどうでしょうか。